美肌を保つためには、しっかりとメイクや汚れを落とすことが第一ですが、小鼻の汚れって落ちにくいんですよね。汚れが残っていると黒ずんで、くすみの原因になります。また、汚れが残っているといくら化粧水をつけても、浸透してくれません。

 

 

汚れが落ちていないと意味がない

menbou1

たまにメイクを落とさず寝てしまったり、なんとなくクレンジングをしている人もいるのでは。最近のメイク用品は、機能が良く崩れにくくなっています。 それだけに、洗顔でも落ちにくいのです。 毛穴の開き、黒ずみが気になる人は、メイクが残っていることが原因の場合が多いようです。毛穴が開くと、皮膚もたるんでしまいます。

 

保湿ケアも意味がない

しっかり保湿しているのに、乾燥が気になるという人も、メイクが残ってしまっているのかもしれません。毛穴に汚れが詰まった状態では、どんなに化粧水や美容液を塗っても、吸収されません。 保湿ケアの効果がうまく発揮されないのです。

 

小鼻の汚れを落とすには

menbou2

綿棒に少量のオリーブオイルやクレンジングオイルを染み込ませて、綿棒を横にして角栓が気になるところにコロコロしましょう。毛穴に詰まっている皮脂や汚れが簡単に取れます。蒸しタオルやスチーマーなどで、毛穴を開いておくと落ちやすいです。

 

しっかり洗顔

オイルでコロコロしたら、その後にしっかりオイルを落としましょう。せっかく汚れを落としたのに、オイルが残ったままだとトラブルになりかねません。しっかりとオイルを落としましょう。

 

最後に冷たい水で

最後に冷たいお水で洗うと、毛穴がキュッと引き締まります。毛穴を引き締めてから、保湿化粧水や美容液などで保湿ケアをしましょう。毛穴が開いていると、汚れが溜まり角栓が詰まりがちになってしまいます。

 

 

きれいにした後に、小鼻が赤くなっていたら、それは力の入れすぎかもしれません。いくらオイルを使っていてもお肌に負担をかけてしまうため、優しくマッサージするようにしましょう。また、何事もやり過ぎは禁物です。週に1~2回くらいを目安にしましょう。