最強の寒波がやってきて、本当に寒かったですね。雪もたくさん降っていました。都心では、雪はふらずに済みました。普段、雪が降らない場所で降ると、交通の便が大混乱になったりするので、降らなくてよかったと思います。

そうはいっても、寒い

お風呂にゆっくり浸かって体を温めても、寝る頃にはまた冷えてきてしまいます。手足が冷たくて、なかなか寝付けないという人も多いのでは。そんな時に、よく耳にするのが、靴下をはいて寝るという対策。でも、靴下を履いて寝るのは、あまり良くないそうなんです。

体温調節ができなくなる

靴下を履いて寝ると足が暖まり、眠りやすいように感じますが、足の裏から汗をかくことで体から熱を放熱できず、体温調節がうまくできなくなってしまうのです。また、靴下が汗や水蒸気で蒸れて、それで冷えてしまいます。靴下が窮屈だと、締め付けられて血行もわるくなってしまいます。

 

快適に寝るために

teashi2

寝る時に足や手が冷たい時には、少し暖めるとよく眠ることができます。寝る前に靴下を履いておいて、足を温めるのもいいですが、それだけでは温まらないという人は、布団の中を湯たんぽで温めておくといいと思います。

おやすみ用靴下

寝る時に履くための、お休み用の靴下もいろいろと販売されています。湯たんぽなどが苦手で、どうしてもというなら使ってみてはどうでしょうか。すぐ脱げるような靴下がおすすめです。

冷えを解消するツボ

手のひらの小指の第二関節の真ん中にあるツボを命門(めいもん)というそうです。ここを強めに揉みましょう。このツボを刺激すると、血行促進効果があるそうです。

 

今季、新たなアイテムを使っています。それは、布団乾燥機です。あたため機能があるので、それで毎日寝る前に布団を温めてから寝るようにしています。最近の布団乾燥機は、ノズルを伸ばして布団に入れるだけなので、簡単です。ただ、毎日これを繰り返すのが面倒だと感じる人もいるかもしれませんが、布団が温かいと本当に気持ちよく眠れますよ。