まだ暑い日もありますが、吹く風は涼しく感じられるようになってきました。季節は夏から秋へと移り変わっています。肌のケアはしっかりしていたという人も、髪のケアはおろそかになっていたなんてことはありませんか?

髪がパサパサ

実は、髪は顔よりも数倍多く紫外線を浴びています。髪には、硬い細胞がうろこ状に重なってできたキューティクルというバリア機能があります。キューティクルという言葉は、多くの人が知っていると思います。しかし、紫外線を浴びると、キューティクルがはがれやすくなってしまいます。その結果、髪の水分が失われて、枝毛や切れ毛、髪のパサつきが目立ってしまうのです。

頭皮もダメージ

頭皮の中には、髪を作る毛球と、髪の色をつくる毛根があります。この部分が紫外線によってダメージを受けると、抜け毛や薄毛につながり、白髪もできやすくなると言われています。

紫外線対策

pasa2

1年中、紫外線のケアは必要な時代ですが、特に夏の強い日差しには注意が必要なのです。帽子や日傘を使い、紫外線を防ぎましょう。また今は、髪の毛専用のスプレーなどもあるので、上手に使いましょう。もし、紫外線を浴びてしまったら、ダメージケア用のシャンプーやトリートメントを使いましょう。また髪を乾かす際には、洗い流さないトリートメントなどでケアをしましょう。